FC2ブログ

職業体験

こんにちは。協力隊の市川です。
少し前の話になりますが、9月12日は村の中学校1・2年生の職業体験発表会でした!
やはりこの村の子どもたちのポテンシャルはすごい・・・。と感じたので、ご紹介します!

上北山中学校のブログは、こちらから。
子どもたちの地域への関わり方が、素晴らしいです。

1人ずつ皆の前に立ち、パワーポイントを使って発表します。
堂々とした立ち姿に驚きました・・・。楽しさからか、アニメーションがとても多かったです^^
先生も「1時間教えただけで、皆作ったんです。」と笑顔で教えてくれました。

そして、質問タイムに入った途端にすぐぱっと手を挙げる中学3年生の女の子が。
全員に、ひとつずつ必ず質問をします。すごいです。
「自分の中で(何質問しようかなーって)決めてたんです。」とのこと。
職業体験 (2)
体験先は、それぞれが行きたい場所の候補を挙げて、決定したそうです。

新屋製箸所で働いた、男の子。
発表が終わった後に、生徒ひとりひとりに自分が作った割り箸を配ります。
「本当に○○くんが作ったの?」と、ふざけながらも、皆とても嬉しそうでした。
職業体験をしている時から、もう決めていたそうです。
職業体験 (3)
梅屋商店で働いた、この男の子。
「長くなりますけど、今から包装します!」と、まさかのパフォーマンス!
折角だから、と、自主的に考えたそうです。
職業体験 (4)
「今度、包装してほしいと思います。」という先輩からの感想もありました。

教育委員会で働いた、この男の子。
「支出命令書が難しかった。決裁をもらった時は嬉しかった。」
お昼休みも、役場職員の方たちとコミュニケーションをとっていましたよ。
しょくぎょうたいけん (2)
松島商店で働いた、この女の子。
「商売が大変だと知りました。」とのこと。
身をもって体験することで、大変さや楽しさを知ることの素晴らしさ。
しょくぎょうたいけん (5)
内山商店で働いた、女の子。
ここでは、佐川急便も兼業しています。「商店だけでは、食べていくのが大変だからねー。」とのこと。
「どちらもするのは、大変なのだと知りました。」と体験して感じたそうです。
宅配の時、「こんにちはー!」と元気な笑顔で挨拶してくれていたそうです^^
しょくぎょうたいけん (1)
ゐざさ寿司本店で働いた、女の子。
「自分がつくったお寿司が売れた瞬間、どう思った?」という質問に、
「嬉しかったけど・・・」と、複雑な顔を見せていました。責任感を感じたのでしょうか。
また詳しく聞きたいです。
しょくぎょうたいけん (8)
社会福祉協議会で働いた、女の子。
順序立てた丁寧な発表が、すごくすごく分かりやすかったです。
「大変だけど、人の役に立てるとても良い仕事!」と言っていました。
質問にも、きちんと応えていて、すごいです。
しょくぎょう体験
そして、トリは1人だけの中学2年生の女の子。河合郵便局で働きました。
「挨拶は、どこでも大切なのだと知りました。」とのこと。
まさに、その通り!さすが、すごくしっかりとまとめていました。
しょくぎょうたいけん (4)
最後に、先生がひとりずつ感想を言います。
生徒は、きちんと発表者の顔を見ます。終わったら拍手。
職業体験 (1)
挨拶や対話、目線など、人として大切なことをきちんとできる、
上北山村の子どもたちは、本当に素晴らしいです。

発表、お疲れさまでした。

(い)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

上北山村

Author:上北山村
奈良県上北山村のブログです。上北山村の自然や文化、歴史などの魅力を発信します!



上北山村地域おこし協力隊Facebookページ


上北山村Facebookページ


西大台ヶ原紹介映像


東大台ヶ原紹介映像

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード