FC2ブログ

世界遺産「笙の窟」「大普賢岳」 レポート

心の道ウォークの下見をかねて、和佐又山ヒュッテから大普賢岳に行ってきました。
この日は朝から雲が多い上に天気予報も午後から雨という予報でしたが、晴れ男(自称)ということで出発しました。

和佐又山ヒュッテを出発して15分ほどで、登山道入口に着きました。
ここで既に紅葉が見ることができて気持ちが高まりましたが、はしごやくさり場がある大普賢岳に行くということで気を引き締めてからいざ登山道へ。
1 入口
登山道に入って5分も経たずにこのような景色が見られ、何度来ても感動させられます。
2 登山開始5分
紅葉も見頃です。
4-1
イノシシが掘ったあとがありました。
3 いのしし
峯中最も厳しい修行が行われたといわれる行場「笙の窟」に到着です。
5 笙の窟 
見上げて撮ってみました。
6 笙の窟 見上げると 
「日本岳」のコルです。
7 日本岳のコル
ここから「大普賢岳」へは、ハシゴやクサリ場など急な登りが続きますので注意が必要です。
8 日本岳から岩場やはしごが増えますので注意が必要です。

「石の鼻」につきました。石の上に登るとパノラマが広がり大台ケ原や和佐又山が一望できて絶景です。
9 
9 石ノ鼻 300°ほど見渡せる
小普賢岳です。
10 小普賢岳
目的地「大普賢岳」に到着しました。ここの標高は1779.9mで、「登った」という達成感を感じます。
しかし、残念ながら景色を見ることはできませんでした。
11 大普賢岳
11 残念ながらみれない
「水太観」にも行きました。景色は期待していませんでしたが、ご飯を食べ終わると急に明るくなり絶景が見れました。
12水太
12 水ふと

傍らで倒木など台風の影響も見られましたが、登山道上は問題ありませんでしたので、大峯奥駈道への登山を予定されている皆様、ブナ、モミ等の原生林、紅葉、そしてパノラマの景色を是非お楽しみください。
11月5日のウォークで大普賢岳をお申し込みの皆様、開催できますのでお待ちしております。なお、当日は非常に寒いと思われますので、防寒具をご準備ください。

家に帰って天気予報を見ましたら本日「晴れ」に変わっていました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

上北山村

Author:上北山村
奈良県上北山村のブログです。上北山村の自然や文化、歴史などの魅力を発信します!



上北山村地域おこし協力隊Facebookページ


上北山村Facebookページ


西大台ヶ原紹介映像


東大台ヶ原紹介映像

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード