FC2ブログ

小学6年生7名の卒業式。

こんにちは。

すっかり春ですね。出会いと別れの季節です。

本日は、上北山村小学校の卒業式でした。
7名の生徒が卒業します。
上小卒業式
中学校と同じく、環になって卒業生をお祝いします。
「みんな平等なんやから、段の上と下って不自然やろ。」ということで、
当時の校長が提案されたそうです。
小卒業式 (3)
卒業生7名の背中が、とても逞しいです。

ふれあい祭り(文化祭)でも、ふれあい広場(寿会の方たちと交流)でも、
6年生の皆さんは、しっかり下学年のことを見ていました。
「明るくて思いやりがある。」とは、このような子たちのことを言うのだ。と実感しました。
小卒業式 (7)
小学校の卒業式で感動したのは、ひとつひとつに全力を尽くす子どもたちの姿勢です。

例えば、礼をするタイミングがぴったりで、全員が回れ右をきっちりとすること。
人の話を聞くときは相手の目を見ること。
小卒業式 (6)
そして、何より声の大きさです。
子どもの声ってこんなにパワーが宿っているのか、と心が震えました。

返事の「はいっ!」は、こちらの背筋が伸びるくらい気持ちがいい声でしたし、
校歌斉唱では、全校生徒17名の大きな声が体育館内に響き、ぐっと来ました。
小卒業式 (11)
在校生の「送る言葉」では、小さな体から、全力で大きな声を出して、
卒業生ひとりずつの良さや思い出を語りました。(小さな小学校だからできることですね。)

卒業生の「別れの言葉」は、もうすっかり中学生になることを見据えた心強いものでした。
保護者の方たちや担任の先生から、もらい泣きをしそうになります。笑
小卒業式 (16)
最後のホームルームで、子どもたちからお父さんお母さんへお礼のことば。
改めて、素直で純粋で優しい子どもたちだと感動しました。

中学校は、これから15名になり、賑やかになります。

小学校は7名が卒業して、これからは10名になります。男子8名・女子2名です。
村内の最年少の女の子は、もう小学校5年生の2名のみになります。

時間の移り変わりと共に、少子化が進んでいくのが見えます。
3、4年後のことを考えたときに「何でも良いからやってみないと。」という焦りも感じます。

ただ、上北山村という素晴らしい環境で育った子どもたちの姿は、本当に誇らしいものです。
そのような点も含め、村の魅力を発信していけたらとより強く感じました。

子どもたちから受ける刺激は強いです。

ご卒業、本当に、おめでとうございました!

(い)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: 凄いですねぇ

夢ヤーヤさま
コメントありがとうございます!協力隊の市川です。
卒業後、生徒がいなくなってしまう状況ですか・・・!その場におられた方たちはその時、どのように感じていたのでしょうか。
そうなんですよね、子どもは少なくても間違いなく村の活力源です。
本当に、この村は感性豊かな子どもを育てるには絶好の環境だと思います!
温かいお言葉ありがとうございます^^
プロフィール

上北山村

Author:上北山村
奈良県上北山村のブログです。上北山村の自然や文化、歴史などの魅力を発信します!



上北山村地域おこし協力隊Facebookページ


上北山村Facebookページ


西大台ヶ原紹介映像


東大台ヶ原紹介映像

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード