FC2ブログ

猟師のこと。

こんにちは。
お昼に商店へ行くと、ゼンマイが並んでいました。春を感じますね。

マラソンの現在申し込み人数は、85名です!
まだ間に合います。お申し込みお待ちしています。

「鹿肉や猪肉の特産品開発を考えるなら、現場を見てみたいなー。」と思っていたところ、
先日上北山村の猟師さんに、狩りに連れて行ってもらうことができました!

鹿肉についての、以前の記事はこちら

まず感動したのは、ハイテクさです!(笑)

トラックの中は無線機だらけ!
猟 (2)
猟犬に無線機を付けて、山の中に放します。
すると、画面上に猟師と犬の位置が出てきます。
猟 (3)
犬の鳴き声が「ワンワンワン!」と激しくすると、犬のそばへ向かいます。

この日はふたりの猟師さんが、別の所を見張っていました。
犬に動きがあれば、無線機でやりとりをします。(スパイみたいで格好いいです。笑)
猟 (5)
「昔は自分の足で探しよったけんど、今は年寄りやから犬に任せてる。」
と教えてくれました。こんな最新機器を使いこなしているのがすごいです!
猟 (1)
犬は猟師さんを信頼していて、猟師さんも犬を大切に可愛がっています。
猟 (6)
一番驚いたのは「こんなに獲れないものなんだ!」ということです。
(今は最盛期を過ぎたので、賢い獣ばかりが残っているのだそうです。)

いくら商品開発して大ヒットしたとしても、お肉の確保が難しい状況です。
これを知ることができ、同行させていただいて価値がありました。

獣被害が多い田舎にとって、猟師さんの存在はとても大きいものですね。
「撃つのがたのしい!」と、純粋な笑顔で残酷なことをおっしゃる猟師さん。
好きなことをして、知らぬ間に村の役に立っておられます。

村内を車で走っていると多くの方に出会い、たくさん声をかけられる大人気者です。

猟師さんは、撃たせてもらっている感謝の気持ちを込めて、
お祭りやイベントごとでは鹿肉や猪肉を村民に振る舞うそうです。

小さな村で、好きなことをして、それが良い循環となってこの地域は回っています。
コツは「人との信頼関係」だなーと実感しました。

この猟師さんは「鹿ハム」など開発して、上北山村道の駅・下北山村きなりの湯にて販売しています。
気さくな方なので、村内で見かけたらぜひ声をかけてみてください!

(い)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

上北山村

Author:上北山村
奈良県上北山村のブログです。上北山村の自然や文化、歴史などの魅力を発信します!



上北山村地域おこし協力隊Facebookページ


上北山村Facebookページ


西大台ヶ原紹介映像


東大台ヶ原紹介映像

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード