FC2ブログ

「けやき工房なかもと」

こんにちは。
上北山村は、近頃よく雪がちらつきます。幻想的です。

さて、本日は上北山村でものづくりをがんばっている方を紹介します。

こうして紹介していると、上北山村でものづくりをしている方の多さを実感します!
今度、まとめてみようと思います。(笑)

さて、今回は「けやき工房なかもと」さんの木製品です。
小橡地区に自宅兼工場を構えておられます。ホームページもすごいです。

なかもとさんのすごいところは、
「木目からは製品一つ一つに違った模様が生まれ、同じものが二つ出来ることはありません。
これが無垢の魅力だと思います。(ホームページより抜粋)」
と、素材のありのままを大切にものづくりをされています。

けやきにこだわる理由は、上北山村の木が”けやき”であるから。
村を広められたらという想いを込めてです。
また、けやき独自の木目、質感、品格、重厚感などぐんを抜いた魅力に魅せられたのだそうです。
なかもとさん (2)
けやきの名刺入れです。4回削って、コーティングをしています。
同じけやきなのに、色が違う理由は、けやきの個性です。
けやきにも5種類あり、更に1本の木でも使う部分によって、色や木目が全然違うのだそうです。
なかもとさん (3)
小さいサイズなので、手作業で行うのだそうです。
板が薄い上に、木と木の接着部分が分からないです。匠の技!
なかもとさん (5)
工場の様子。
メインは、飾り棚、座卓、ワゴン、学習机、和風照明家具、経机など大きな家具をつくります。
それは、奥の工房で作られるのだそうです。
なかもとさん (4)
そして、それらからできる端材で、ものさしや名刺入れを作るのだそうです。
なかもとさん (6)
工房で愛想を振りまいてくれた、可愛いマルちゃん。

なかもとさんは、基本的に工房のホームページもしくはイベントなどで販売されています。

「けやきのつまようじ入れ」も、先日大阪の物産展に出しました。
珍しいので、お土産に買っていってくださる方が多かったです。

つまようじ入れは、可愛い、ポケットに入るサイズです。
手間を惜しまず、使いやすいものをつくってくれています。

間伐材の端材で、こんなにアイディア溢れるものが作れるなかもとさんがすごいです。
エコで、とってもクリエイティブです。

けやきは長い年月に耐えられるので、しっかりとしたプレゼントを贈りたい時に最適です。
ぜひ、こだわり抜いたなかもとさんの商品をご覧下さい!
ホームページはこちらからどうぞ。

余談ですが、去年の秋祭りの餅つきで、新しい杵をもってきていたのは、なかもとさんでした。(笑)
「新しい杵で餅搗いたら、うまいぞー!」と、みんなとても嬉しそうでした。もちろん手づくりです。
村の人からとても慕われておられます。

(い)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: いいですね^^

コメントをいただき、ありがとうございます。
協力隊の市川です、いつもひしこさんにはお世話になっています!
工房、すてきな所でした。可愛いわんちゃんにも癒されました^^
こちらこそ、今後ともよろしくお願い致します。
プロフィール

上北山村

Author:上北山村
奈良県上北山村のブログです。上北山村の自然や文化、歴史などの魅力を発信します!



上北山村地域おこし協力隊Facebookページ


上北山村Facebookページ


西大台ヶ原紹介映像


東大台ヶ原紹介映像

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード