FC2ブログ

暮らし支援。(とっても生活しやすい村ですよ。)

こんにちは。

上北山村は、村民が安心して暮らすことができるように”村民への生活支援制度”を設けています。
いくつか紹介したいと思います。(役場の想いに、胸が熱くなりました。)

ひとつは、医療費助成制度です。
医療費が500円以上になった場合、全額助成してくれます。(実費500円)
(一診療施設につき、です。)

対象は、15歳(中学校3年生)までの子どもです。

ふたつ目は、上北山温泉です。
村民は半額、長寿(村民で70歳以上)は100円!長寿券が必要です。
障がい手帳の掲示で、無料になります。

みっつ目は、ガン検診が無料で受けられることです。(指定期間内)
インフルエンザ検診も、補助金が出ます。
児童会遊び (5)
そして、子どもたちの健やかな成長を願う「上北山すこやか推進委員会」があります。
12年間続いているのは、他の市町村ではあまり無いそうです。

上北山村の子どもは、少し早めの自立をしなければいけません。
(高校がないので、中学卒業と同時に、ひとり暮らしか寮生活が始まります。)

その為、「村にいる間に、”自分の命や体、他人”を大切に思える力を蓄えてほしい。」
という想いから、村の主立った人が集まり、「子どもたちに何を伝えたら良いか。」を考えています。

その中で、「地域ぐるみで子どもを見て欲しい。」ということから、
エクササイズ教室や、親子料理教室を開いています。

先日、エクササイズ教室に参加すると、とても大勢の村人が参加されていました。
「地域が一体となり、子どもたちを見守りたい。」という考え方が浸透しているように感じます。
hiroba.jpg
上北山村は人口が減少してきていますが、少ないからこそ実施できる制度です。

もちろん、大前提として「村内の人の暮らしやすさ」があります。
ただ、そこに想いとして「新しく人が住んでくれるような村づくり」というものもあります。

「田舎は生活費掛からないし、子どもの野菜の好き嫌いも減った。」と、
田舎暮らしを満喫しているご家族に、先日出会いました。

田舎は不便さがある分、”助け合い”や”お裾分け”の文化があります。

都会には都会の良さがあり、田舎には田舎の良さがあるなぁーと、
当たり前のことですが、しみじみと感じました。

常に人の温かさに触れることができる田舎暮らし、とても良いものですよ。

上北山村では、移住者を随時募集しています。
お問い合わせは、上北山村役場へどうぞ。
(い)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

上北山村

Author:上北山村
奈良県上北山村のブログです。上北山村の自然や文化、歴史などの魅力を発信します!



上北山村地域おこし協力隊Facebookページ


上北山村Facebookページ


西大台ヶ原紹介映像


東大台ヶ原紹介映像

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード