FC2ブログ

楽しみながらものづくり、松本工房。

こんにちは。

本日は、久保商店と同じく西原地区に位置する「松本工房」へ伺いました。
お忙しい中、じっくりとお話を聞かせてくださいました。

ものづくりが大好きなご主人の話を伺っていると、こちらまでわくわく。
楽しみながらつくっておられるのが、すごくよく伝わってきました。
IMG_0050.jpg
「無事かえるストラップ」や「一本足たたら」をつくって、
みなさんが山登りから、無事帰還できるように祈願されています。
01.jpg
IMG_0030.jpg
※「一本足たたら」とは・・・叔母峯の魔物伝説です。色んな説がありますのでぜひ調べてみてください。

「一本足たたら」は、昔からたくさんの職人さんに引き継がれて造られているそうです。

松本さんが造ることになったきっかけは、孫娘さん。
孫娘さんが大台ヶ原でアルバイトをしていた際に、「一本足たたらは無いんですか。」とお客さんからよく聞かれたのだそうです。
その時ちょうど「一本足たたら」を造る人が途切れており、孫娘さんに頼まれ松本さんが探り探りでいくつかつくってみたところ、物産で完売。
「孫娘のお陰で、私がつくることになったんです。」とおっしゃっていました。

「これ、こけしバージョン。」と見せて下さった、立派なたたら。
妖怪好きの間では比較的メジャーな怪であり、物産好きの間では民芸品として有名なのだそうです。
IMG_0028.jpg
一本足たたらはどんな風につくられているのかが気になり、教えてもらいました。

元となっているケヤキの木と、ヒノキの木は、松本さんが庭で育てています。
工房のすぐ隣に、生えてるケヤキ。
IMG_0066.jpg
工房の裏山に茂っている、ヒノキ。
IMG_0067.jpg
ケヤキの小枝。おお、すでにたたらの形をしています!1月にツヤのある枝が採れるのだそう。
IMG_0059.jpg
こちらはヒノキ。ひとつひとつ頭を削っていきます。
IMG_0057.jpg

こうして、丁寧に行程を踏んでつくられているのだと知りました。

「常に何かできることないかなーと考えてる。」
とおっしゃる松本さんは、驚く程のアイディアマン!

他にも、面白い商品があるので、少し紹介します^^

民宿で使う布団のはぎれと、おばあちゃんの着なくなった着物を使って「布草履」。
IMG_0011.jpg
可愛らしいし冬にはあたたかいので、とても人気で、店に出すとすぐ売り切れるのだそうです。
三つ編みは、ご主人が考えついた手法!
mitsuami.jpg
同じく、ヒノキの残った部分を使ってつくっているエコな商品、「いやしの袋」。
部屋や玄関に掛けておいたら、ヒノキの香りがふわっとします。
IMG_0012.jpg

工房と隣接して、「民宿まつもと」もご主人がされています。
IMG_0051.jpg
素泊まり一泊¥3750。安い。
「来てくれた人に喜んでもらいたいから、ふかふかのベッドを用意する。」と語って下さいました。

6月になると、上北山村では蛍が見えます。上北山温泉・薬師湯に浸かりながら蛍を眺めるも良し、
庭でBBQをして、わいわい楽しむも良しです。

ぜひ、アイディアマンで面白いご主人とお話しに来てみてください^^

民宿は、お電話での予約。(こちらより番号をご確認ください。)
商品は、各種イベントや物産展、
上北山村道の駅や大台ヶ原物産展「楓」にてご購入いただけます。

(い)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

上北山村

Author:上北山村
奈良県上北山村のブログです。上北山村の自然や文化、歴史などの魅力を発信します!



上北山村地域おこし協力隊Facebookページ


上北山村Facebookページ


西大台ヶ原紹介映像


東大台ヶ原紹介映像

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード