ゐざさ寿司本店

こんにちは。

今朝は、雨のあと霧があがる姿が見られました。
まるで、日本昔話のような美しい世界です。

「ゐざさ寿司本店」を取材させていただいたので、紹介します。
ゐざさ寿司本店 (2)
今出されている季節の商品は、春らしい桜の花びらが乗っていてとても可愛いです。

さて、「柿の葉寿司」や「ゐざさ寿司」は、吉野の名産としてよく知られています。
”奥吉野”というと山奥のイメージが大きいので、お寿司が名産って珍しいですよね。

昔の人は、熊野でとれた海の幸に浜塩を施して熊野街道を通り、熟成させて
保存食として、川上村などの山里に運びました。
(主に鯖などが運ばれたので、”さば街道”と呼ばれるようになったそうです。)

川上村で家庭料理として作られていたお寿司が、柿の葉寿司の原型になったそうですよ!
家庭の味が、今や全国展開なんてすごいなーと感動です。
ゐざさ寿司本店 (3)
川上村の方が、上北山村へ移り住んで「ゐざさ寿司」を始められました。
今の本店が、第一号店です!

「最初の看板なんです。文字見えるかな。”ゐ”の形が今は変わったんよ~。」
と説明してくれたのは、ここ本店の店長さん。
ゐざさ寿司本店 (4)
昔ながらの雰囲気が残る、シンプルで落ち着く店内です。

「店は少ないときは2人でやりくりするんよ。いつもまごころ込めて、注文受けてから手づくりします。」
と笑顔で教えてもらいました。店員さんは全員で4名、村に住んでいる方たちです。
国道沿いにお店を構えているので、ばたばたする時は大忙しだそうです。

お客さんが来店されると、店長さんが「もうそんな時期か~!」と笑みをこぼされました。
ゐざさ寿司本店 (6)
おふたりは毎年この時期に村へ釣りに来られる、常連さんです。
「釣りに来たら、これ(ゐざさ寿司)が楽しみで。」と教えてくれました。

注文せずとも店長さんが「いつもの○○でいいんですかね?」と。
常連さんが多いので「あの人はこれ。」と分かる方がほとんどなのだそうです。

ゐざさ寿司本店 (1)
ゐざさ寿司は、とても華やかで保存も効くのでお祝いの品として人気だそうです。
私も、ふっくら美味しいここのお寿司が大好きです。

常連さんが多いと教えてもらいましたが、
店長の明るく人当たりの良い人柄に惹かれて来られる方も多いのではないかと感じました。

やはり、この村の魅力は「人」だな~と実感です。

ゐざさ寿司のホームページはこちらから。
個人的に”一言コラム”をはじめ、季節感が感じられるコーナーが多く心が和みました。

上北山村へ来られた際は、ぜひお立ち寄りください。

(い)
プロフィール

上北山村

Author:上北山村
奈良県上北山村のブログです。上北山村の自然や文化、歴史などの魅力を発信します!



上北山村地域おこし協力隊Facebookページ


上北山村Facebookページ


西大台ヶ原紹介映像


東大台ヶ原紹介映像

地域おこし協力隊
西岡資裕
-Nishioka motohiro-

tuyoshihattori
2016年3月~
地域おこし協力隊で、エコツーリズムを主に上北山村のいいところを発信していきます!

地域おこし協力隊
藤多良治
-Fujita ryoji-

tuyoshihattori
2016年9月~
山の仕事がしたくて上北山に来ました。素人ですが、日々山を歩き回って林業の勉強をしています!頑張ります!

地域おこし協力隊
土田祥代
-Tsuchida Sachiyo-

tuyoshihattori
2017年4月~
道の駅で、おいしいものがあって、人が集まるあたたかい場をつくっていきます!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード