猪笹(いざさ)王について 2

こんにちは。
気温は低いですが、いよいよ春の香りがしてきました。

「上北山村の山桜は、山の中にぽつぽつ咲くんよ。それが美しくてええんよ。」
と村の方がおっしゃっていました。4月頭くらいが見頃だそうです。

さて、2月に起工式が行われた猪笹王の新しい祠が完成しました。
起工式の記事はこちら

3月10日に竣工式が行われました。
※竣工式とは・・・建物が無事完成したことを神に報告し、感謝する儀式。

工事を終え、とても行き易くなりました。

1ヶ月の間に、ボランティアさんと業者さんが毎日通い完成させたそうです。
改めて、皆さんの技術に感動します。
「山のお仕事はお手のもの。」という方がごろごろいるのがすごいです、さすがです。
before (1)
入り口のbefore
当日 (2)
after
石碑と階段が取り付けられ、アクセスしやすくなりました。
before.jpg
祠のbefore
当日 (4)
after
とても立派でしっかりした祠になりました。モノレールで上まで運ばれたそうです。
before (2)
祠まで行く道のbefore
工事中 (2)
after
山登りの靴が必須だったような道も、石段が取り付けられ、ご年配の方も来やすくなりました。
工事中 (3)
村の若者の手づくりベンチも素敵です。

立て直しを計画された天ヶ瀬出身の岩本さんは、「ふるさと天ヶ瀬」という本も書かれており、
天ヶ瀬や上北山村の伝統・文化をとても大切にされています。

「ここ(祠)から、昔の自然がそのまま残る素晴らしい風景を眺めることができる。」
「周りにしゃくなげが群生していて、こぶしの花も咲く場所なので、将来的にお弁当もって来てもらえるような場所にしたい。」
と、今後の計画を話してくださいました。
当日 (1)
竣功式の様子です。30名以上の方が来られていました。

これで一層、上北山村民や村へ来られる方が平穏な日々を過ごせるようになると思います。

ぜひ、村へ来られた際は、お立ち寄り下さい。
(い)

お母さんの「秋刀魚寿司」づくり教室~!

こんにちは。
本日も、とても冷え込みます。皆さん風邪などひかれていないでしょうか。

上北山村の新鮮な魚を取り扱う商店に、熊野からの「生サンマ」が並ぶ時期となりました。

和歌山県熊野から上流で昔から食べられている「サンマ寿司」は、上北山村でも親しまれています。

西原に住むお母さんは「ここらにお嫁に来たときは、お正月に30本くらい作ったよ。」
「お祝い事の高級料理だから、作る側の私たちが食べられることは少なかったんよ。」と。

お父さんは「サンマの寿司が無かったら、お正月来ん感じやったにゃー」とおっしゃっています。

この地に馴染み深い、「サンマ寿司」の作り方を直伝してもらいましたので、ご紹介します!
さんま寿司 (1)
酢飯を作ります。今回は5.5合で。(15本くらいできました。)
さんま寿司 (2)
魚寿司の酢飯は、お酢少なめ・砂糖多めに。(お母さんのコツ①!)
うちわでぱたぱたして、しっかり冷ましますー!
さんま寿司 (3)
お茶碗一杯分くらいを、ふんわり握って(コツ②!)
さんま寿司 (7)
お魚の上に、まんべんなく乗せていきます。
(お魚は、一晩、塩・砂糖・お酢でしめてあります。)
さんま寿司 (4)
ひっくり返して、巻き簀でふわっと形を整えます。(コツ③!)
(これ、やらせてもらうと難しいんです・・・。)
さんま寿司 (5)
家の裏に生えていたバランの上に乗せて・・・彩りも素敵です!
さんま寿司 (8)
お酢のしみこんだフキンで包丁を拭いてから、切り分けます。(コツ④!)
さんま寿司 (9)
完成ー!!!
本当にとっても美味しかったです。お魚の生臭さは一切なく、柔らかいです。
次の日は、サンマの味がご飯にしゅんで、もっと美味しくなるそうです!

新鮮な生サンマが食べられる地域だからこそ、作れる料理です。
「家庭によって味全然違うからね。(秘伝のレシピを教えてもらえるなんて)貴重やで~。」
と、お父さんがおっしゃっていました。ありがたいです!自分でもつくってみます!(笑)

本日は、美味しくてほっとする「家庭の味」を直伝してもらいましたが、
上北山村に本店がある、ゐざさ寿司でも購入できます。

上北山村に来られた際は、ぜひ食べてみてください!

(い)

猪笹(いざさ)王について

本日は、”猪笹王”の祠の起工式が執り行われました。

上北山村には、日本昔話で登場してきそうな妖怪伝説があります。(いろんな説があります。)

  むかーしむかし、伯母ヶ峯の奥深くで、猪の形をして背中に熊笹が生えている化け物が出てきて、
  天ヶ瀬に住んでいた猟師が、その化け物を鉄砲で撃ちました。

  すると、猪笹王の亡霊は一本足の鬼と化して伯母峯に現れ、旅人を襲い食べました。 
  猟師の子孫も、祟られました。

  その後、丹誠上人が今の伯母峯の地蔵尊を勧請して、この鬼を封じました。
  ただし、ひとつ条件が付きます。
  毎年12月20日だけは鬼の自由に任すということです。
 
  それ故、今も「果ての二十日」だけは伯母峯の厄日とされて警戒されています。

鉄砲が登場するので、明治時代頃のお話だと云われています。
いざさ王
ずっとお祀りしていた祠が、古くなってきたので、建て直すことになったのだそうです。
そういった次第で、本日は、起工式が行われました。
(起工式とは・・・建築工事をする前に行う、神を鎮め、土地を利用する許しを得る為の神事。)
いざさ王 (4)
天ヶ瀬の方たちを中心に、村の方たちで執り行われました。
何百年経った今も、ずっとずっと気に掛けておられる方がいます。
いざさ王 (2)
建て替えにあたり、石碑や道もしっかりとつくるのだそうです。場所などの相談をされてました。
見かけたら、立ち寄ってお参りしてくださいね。

追記ですが・・・

猪笹王の伝説に基づき、「一本足たたら」という木の股から作った魔除けストラップがあります。
昔から職人が引き継ぎ、今も作られています。意匠登録もしています。
tatara.jpg
松本工房さんについての記事は、こちら
道の駅や、大台ヶ原物産展にて購入できます。

また、上北山村発祥の「ゐざさ寿司」も伝説に基いており、お寿司を笹でくるんであります。
ゐざさ寿司のホームページはこちら
izasa.png
上北山村の河合に本店がありますので、ぜひお立ち寄りください!

(い)

「畑の神さん」

おはようございます。
上北山村は、本日、晴天です。暖かいです。

本日は、お正月に関わることで、「畑の神さん」について紹介します。

先日の記事で門松について紹介しましたが、
「門松とは別に、家の近くの畑には、「畑の神さん」といって門松を一本立てました。」
という上北山村の文献を読み、今もやられているのかなーと村のお母さんに伺いました。
畑の神さん (3)
今も、毎年やられているそうです。畑の隅っこに立派な「畑の神さん」が飾られていました。
息子さんが、松や榊を山から取ってきてくれるのだそうです。
畑の神さん (2)
新しい年の豊作を願って、するのだそうです。
1月14日の「とんど祭り」で燃やすのだと教えてもらいました。
畑の神さん (4)
「畑仕事が私の取り柄。」だと教えてくれたお母さん。
もうすぐ90歳なのに、色んな野菜をおひとりで育てられています。
雨で土をいじれない日は、食欲が無くなるのだそうです。

上北山村では「昔から守られてきたこと」が、あちらこちらで今も大切にされています。
それがとてもあたたかく、私は大好きです。

(い)

上北山村の年末

門松 (10)
(2012.12.28 みつまたの蕾。村の所々で見られます。)

こんにちは。

河合地区の各所で、本日、門松が立てられました。
門松 (13)
景徳寺は、立派な松竹梅です。
門松
村役場の前にも、立てられました。
門松 (8)
村役場と、薬師堂は、上北山村で昔から親しまれている門松です。

この村に来てから、門松が地域ごとで変わることを知りました。(お恥ずかしい・・・)

上北山村では、樫の木を支柱にし、上の方を綺麗に削って、これに松、クロモジ、榊、ユズリハ、ウラジロを縛り付けます。
縄は、米俵の縄や、蔓(かずら)などを使って縛ります。
門松 (1)
巻く回数は、5回か7回。奇数と決まっているそうです。

本日、薬師堂の門松を立てるところを見学させてもらいました。
門松を立てる様子をきちんと見るのは初めてで、わくわくです。
門松 (7)
先日、山から取ってこられたものを担いで運びます。
門松 (2)
支柱になる樫の木を、土に刺せる状態にします。手際の良さはさすがです。
ちなみに、削っておられる方は、森林組合の方です。
門松 (3)
位置を定め、打ち込みます。
門松 (5)
両側に、松、榊などを縛り付けていきます。
若い方たちも、要領がとても良いです。
IMG_0393.jpg
完成です!
IMG_0395.jpg
来年1月8日は、ここ薬師堂で「八日薬師」が執り行われます。
もし、お時間よろしい方は、ぜひお越し下さい。

本年は、本ブログをご覧いただき、ありがとうございました!
どうぞ、来年もよろしくお願いいたします!

(い)
プロフィール

上北山村

Author:上北山村
奈良県上北山村のブログです。上北山村の自然や文化、歴史などの魅力を発信します!



上北山村地域おこし協力隊Facebookページ


上北山村Facebookページ


西大台ヶ原紹介映像


東大台ヶ原紹介映像

地域おこし協力隊
西岡資裕
-Nishioka motohiro-

tuyoshihattori
2016年3月~
地域おこし協力隊で、エコツーリズムを主に上北山村のいいところを発信していきます!

地域おこし協力隊
藤多良治
-Fujita ryoji-

tuyoshihattori
2016年9月~
山の仕事がしたくて上北山に来ました。素人ですが、日々山を歩き回って林業の勉強をしています!頑張ります!

地域おこし協力隊
土田祥代
-Tsuchida Sachiyo-

tuyoshihattori
2017年4月~
道の駅で、おいしいものがあって、人が集まるあたたかい場をつくっていきます!

地域おこし協力隊
小谷 隆司
-Kotani Takashi-

takashikotani
2017年9月~
夫婦で協力隊として来ました!村の自然と人と特産品を少しでも多くの方に「知って」「寄って」「食べて」もらえるように、そして「住んで」もらえるように、がんばります!

地域おこし協力隊
小谷 雅美
-Kotani Masami-

masamikotani
2017年9月~
何よりも山が好き!「上北山村にあるすべての稜線を歩きつくす」が目標!村で見かけたら、気軽に声かけてくださいね♪

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード